さあ、キャンドルに火を灯しましょう。

なるべく風の当たらない、
水平で安定した場所に置いてください。



不燃性の受け皿をセットしてください。


芯から付属のタグを外してください。


販売時には芯が長めになっております。


5mm〜1cm程度にカットしてお使いください。
芯を調節することで、スス(黒煙)が
立ち辛くなります。


灯す前に、芯の周りや上面に着いた埃は、
(柔らかい筆などで)取り除いてから
点火してください。

芯の根元に火を近づけ、
ロウを少し溶かしてつけるとうまく着火します。
芯の先に火をつけると
芯だけが燃えてしまうことがあります。
完了です。
キャンドルを灯している時は
その近辺から離れずにお愉しみください。
消火の際は、芯をピンセットなどで溜まった
ワックスの中へ倒しすぐにまっすぐに起こし
てください。嫌な臭いや煙が立ちません。

使用中の注意事項

  • 引火が考えられ物の近くでは絶対に使用しないで下さい。
    お近くに燃え易い物や転倒物、落下物は、ありませんか?
    火災の恐れがあります。十分に注意し、ご使用下さい。
  • エアコンやファンヒーター、扇風機等の風が当たりませんか?
    片側に炎が傾き、ロウ垂れを起こす恐れがあります。
  • 不燃性の受け皿を使用することでロウ垂れを起こしても周りを汚さず安心です。
    ロウ垂れを起こしてしまった際は、慌てず垂れたロウがしっかり固まるまでお待ち下さい。
  • 垂れて直ぐのロウは大変熱くなっております。火傷の恐れがありますので、触らないで下さい。
  • 火を灯し、しばらくするとロウ溜まり(溶けたロウのプール)が出来始めます。
    ロウ溜まりがキャンドルの縁へ広がるまで灯すと、ロウの無駄がなくなり燃料時間が長くなります。
  • 点火時間は短く繰り返さず、出来るだけ長く(ロウ溜まりが縁へ広がるまで)灯してください。
    そうすることで、壁が薄くなり、無駄なワックスが燃焼します。
    キャンドルの持つ寿命をより長く楽しみつつ、残ったワックスも少なく、ゴミも減らせます。
  • 点火中、炎が大き過ぎる又は煤が出る場合は、一旦火を消してください。
    その後、はさみで芯の先端(黒煤の付いた部分)を2〜4mmカットして下さい。
    再点火すると、炎が小さくなり、煤が出なくなります。
  • 点火中、炎が小さくなった場合は、一旦火を消し、溜まったワックスを別の容器へ移して下さい。
    そうすると再び炎が大きくなります。
    このとき、ワックスは熱いため十分に気をつけてください。
キャンドルの灯と過ごす時間の提案。使い続けられるキャンドル作りを目指す……。
n-lighter 能村英樹
profile